サブカルチャーに関して直感的にいいなと思ったことを記します。

サブカル・パトロール

図解

「和平的な種の存続」を自分なりの解釈で図解してみました。

投稿日:

組織の存続から見るあるひとつの理想と現実

現実

1. 組織に職員が余り入ってこない。
2. 組織の職員が多く出ていく。
3. 組織が潤わない。

 

理想

1. 組織に職員が余り入ってこない。
2. 組織の職員が多く出ていかない。
3. 組織が潤う。

 

1. 組織に職員が余り入ってこない。
2. 組織の職員が多く出ていく。
3. 組織が潤わない。

1.変えられない=少子高齢の社会情勢
2.変えられるかもしれない=「現実1,2,3」の受容、適応→「希望1」
3.変えられるかもしれない=「希望1」により実現可能かもしれない

 

「現実」に対しての「理想」を「希望」にするには? → 「現実」を受容して、「現実」に適応すること。

 

なぜ「2. 組織の職員が多く出ていく」? → 出ていきたい。出ていくしかない。

 

なぜ「出ていきたい。出ていくしかない。」? → 「?」(=「希望」)

 

「2.組織の職員が多く出ていかない」そして「3.組織が潤う」となったら、もしかしたら・・・。

たとえ「1.変えられない=少子高齢の社会情勢」でも「1.組織に職員が入ってくる」ようになるかもしれないし、しいてはそれが「社会貢献」となり、またたとえ小さくても「和平的な種の存続」につながるのかもしれない。

-図解

Copyright© サブカル・パトロール , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.