サブカルチャーに関して直感的にいいなと思ったことを記します。

サブカル・パトロール

雑記

「コピペ記事」から「無知の知」と「セレンディピティ」は生じるか(その3) ウィキペディア内検索feat.自尊心01。

更新日:

分からない語句を「ウィキペディア」内検索して必要以上に詳細展開、そこから「無知の知」「セレンディピティ」につなげてみる。

 

☆「ウィキペディア」内検索していくと、少しづつその語句が分かっていきます。また、自分では分かっていると思っている語句も改めて検索してみると、思っていたよりも分かっていないことが分かったり(無知の知)、「へぇ~」と思うような偶然にも出会える(セレンディピティ)こともあります。

 

「プライド」の「ウィキペディア」の説明文に出てくる語句を「ウィキペディア」内検索して必要以上に詳細展開してみる。

 

以下、「ウィキペディア(ウィクショナリー)」検索結果

 

◎自尊心(じそんしん)とは、心理学的には自己001に対して一般化された肯定的な態度002である。英語のままセルフ・エスティーム002(英: self-esteem)とも呼ばれる。

 

ここでは社会心理学における自己の概念004に関して、育み維持される自己評価005や、あるいは「ありのままの自己を尊重し受け入れる006」態度とする。

 

 

[001]自己 = (じこ、英: self)とは心理学において自分によって経験または意識される自分自身をいう。

 

[002]態度 = (たいど)あることに対する考えや感じを動作等で示したもの。名詞

 

[003]セルフ・エスティーム = 自尊心。

 

[004] 概念 = (がいねん、哲学では仏: notion、独: Begriffというが、日常的に仏: concept、独: Konzeptという。コンセプトは前記フランス語から由来している)は、命題の要素となる項(Terminus)が表すものであり、言い換えれば、それが言語で表現された場合に名辞(Terminus)となるものが概念である。事象に対して、抽象化・ 普遍化してとらえた、思考の基礎となる基本的な形態として、脳の機能によってとらえたもの。

 

[005] 自己評価 = (じこひょうか)とは、自分で自分についての評価(吟味)をする機能/システムのことを指す。この場合の「自己評価(する)」は英語で「self-evaluation」という。反対語は他者評価。なお、自分に対する評価そのものとして、自己肯定感(自尊感情)を持つことについて用いられることもある。この場合の「自己評価(が高い/低い)」は英語で「self-esteem」といい、自尊心を持つことを指す。主観的で肯定的な自己評価を自信という場合もある。

 

[006] ありのままの自己を尊重し受け入れる = 人間心理学におけるアクセプタンス(Acceptance)、受容(じゅよう)とは、その人が置かれた現実の状況について、変化や抵抗しようとせずに、その過程や状況を理解しようとする姿である。その多くはネガティブで不快な状況である。この概念はacquiescence(黙諾)に近似しており、これはラテン語の 'acquiēscere' に由来する。アクセプタンスは、様々な信仰と瞑想の世界において顕著である。たとえば仏教の四諦においては「全ての生は苦しみである」という真理が述べられており、人生の本質は苦しみであることを受容するよう諭している。ユダヤ教のカバラという語も、アクセプタンスと同意である。

 

社会におけるマイノリティ集団(LGBTなど)は、自身らのゴールを「受容」と表現することが多く、少数派の社会への完全参加については大多数が求めていないであろう。多数派は社会における特定シーンに対し、少数派の参加を限定する場合、彼らを「(せいぜい)許容」すると表現するだろう。

 

「コピペ記事」から「無知の知」と「セレンディピティ」は生じるか(その2) ウィキペディア内検索feat.プライド。参照

-雑記

Copyright© サブカル・パトロール , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.